【低価格】タマホームVSユニバーサルホーム!特徴・価格・標準仕様で比較!

タマホームとユニバーサルホームは、どちらもローコストハウスメーカーとして、聞いたことがある名前ですよね。

 

 

では、この2社の違いはどこにあるか、ご存知ですか??

 

 

現在、どちらかのハウスメーカーを検討中の方も、この先検討される方も、ぜひ参考にして下さい。

 

 

・【タマホームとユニバーサルホーム】特徴で比較!

 

・【タマホームとユニバーサルホーム】建て方、工法で比較!

 

・【タマホームとユニバーサルホーム】価格、坪単価で比較!

 

・【タマホームとユニバーサルホーム】設計の自由度で比較!

 

・【タマホームとユニバーサルホーム】標準仕様で比較!

など、タマホームとユニバーサルホームを徹底比較します!

【タマホームとユニバーサルホーム】特徴で比較!

 

タマホームは、ローコストメーカーの先駆けとも言われていて、安くできるよう下請けに出さないことや、「タマストラクチャー」というシステム構築によって、コストカットを実現しています。

 

 

一方で、ユニバーサルホームは、アイフルホーム創業者が新たに立ち上げた会社で、ローコストのフランチャイズというシステムは似ていますが、更にシステムを合理化することで、コストカットを実現しています。

 

 

合わせて読みたい

【ローコスト住宅】タマホームの価格がピカイチで安い!?口コミ・商品・間取り

【タマホームとユニバーサルホーム】建て方・工法で比較!

 

どちらのハウスメーカーも、主な建て方は「木造軸組在来工法」で、日本で生まれた一番メジャーな建て方です。

 

 

間取りの自由度が高く、増改築にも適していますし、他の工法より低予算で建てられます。

【タマホームとユニバーサルホーム】価格・坪単価で比較!

 

平均坪単価で言えば、タマホームは40~60万円なのに対し、ユニバーサルホームは、40~55万円となります。しかし、仕様やオプションによって変わります。

 

 

タマホームで36坪の家を建てた場合は、実売価格900万円。これに、付帯工事やオプション工事などを合わせると約1250万円になります。

 

 

一方で、ユニバーサルホームで35坪の家を建てた場合は、1680万円程かかります。付帯工事やオプション工事を合わせると、約1995万円になります。

 

 

どちらも、この価格の他に、

・銀行ローン手数料

 

・登記関連費用

などが加わり、合計で150~200万円かかります。

 

 

合わせて読みたい

タマホームの気になる価格帯・坪単価が丸わかり!他の住宅会社と徹底比較

【タマホームとユニバーサルホーム】設計の自由度で比較!

 

自由設計と言ってもひな形があって、それを組み合わせていくのですが、タマホームは「4mルール」といって、4m×4mの範囲内に柱を作ります。また、物のサイズ変更は、25cm刻みと決まっています。

 

 

一方で、ユニバーサルホームの細かい条件は公表されていませんが、やはりひな形を組み合わせていき、それ以外は、追加料金が発生します。

 

 

合わせて読みたい

タマホームの資料請求はここ!電話営業も来ない安心の神サービス

【タマホームとユニバーサルホーム】標準仕様で比較!

 

タマホームは、セキュリティに富んだ玄関ドア、窓は高断熱ガラス使用、外壁はセルフクリーニング外壁、全熱交換型24時間換気システム、IHヒーターとエコキュート、などが標準仕様です。

 

 

一方で、ユニバーサルホームは、地熱床システム(床暖房含む)、高性能外壁材ALC、発砲ウレタンフォーム、Low-E複層ガラス樹脂サッシ、などが標準仕様です。

 

 

・キッチン

 

・トイレ

 

・ユニットバス

などは、どちらも複数のハウスメーカーの中から選べます。

 

 

合わせて読みたい

【2019】タマホームの標準仕様まとめ!窓・キッチン・トイレなど徹底調査♪

【タマホームとユニバーサルホーム】オプションで比較!

 

タマホーム(ミドルクラス以上の場合)は、住設備機器に関しては、グレード差はあるものの、ほぼ最新機能を持ったものを採用しており、追加オプションが必要ないほどです。

 

 

追加するとすれば、

・ビルトイン食洗器

 

・太陽光発電システム

くらいです。

 

 

一方で、ユニバーサルホームは、住設備機器に関しては、加盟店によって異なるようです。

 

 

・制震装置

 

・太陽光発電システム

は、推奨仕様とされています。

【タマホームとユニバーサルホーム】満足度で比較!

 

満足度は、どちらも大差はありません。

 

 

多くのサイトで色々な評判が出ていますが、各ハウスメーカーを比べたり、希望の家がどんなものかなど考えずに、営業マンに任せっきりにしてしまうと、建てた後に

思った家と違う!

となってしまうようです。

 

 

・営業マンとの相性

 

・担当する大工さんの腕

によって、満足度は左右される部分もあるようです。

【タマホームとユニバーサルホーム】アフターサービスで比較!

 

タマホームは引き渡し後、10年ごとの有償メンテナンスにより、更に10年の保証延長が可能です。(最長30年ですが、長期優良住宅の認定を取得した住宅の場合は、最長60年の保証)。

 

 

また、アフターサービス専門の部門があるのも、ポイントです。

 

 

一方で、ユニバーサルホームも、10年ごとの有償メンテナンスにより、保証延長が可能(最長30年まで)ですが、アフターメンテナンス部の有無は、地域によって異なります。

まとめ

 

今回は、タマホームとユニバーサルホームを徹底比較しました!

 

 

どちらもローコストハウスメーカーという点では、共通していますが、

・特徴

 

・価格

 

・設計の自由度

などで違いがありました。

 

 

・安さ

 

・早さ

を求めるのであれば、標準仕様のグレードが他より高く、あまり変更の必要がない、自社だけで完結できるタマホームはおすすめです。

 

 

注目のイチオシ記事

タマホームの資料請求はここ!電話営業も来ない安心の神サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です