【新着】タマホームの防音性能は良い!?商品・間取り・対策まとめ

家を建てる際に、気になるのが住宅の「防音性能」ですよね。

 

 

タマホームでは、低価格で高品質な家を建てることができますが、防音性能は大丈夫なのでしょうか?

 

 

これから、

・タマホームの防音性能は良い?

 

・【タマホーム】防音性能に優れた商品

 

・【タマホーム】防音性能に優れた家の間取り

 

・【タマホーム】防音性能を高める間取りの工夫

 

・【タマホーム】防音性能に関する口コミ・評判

など、タマホームの防音性能について、詳しく説明します!

【タマホーム】防音性能は良い?

断熱性も防音性も空気の流れが関係するので、断熱性が高いタマホームの家は、防音性能にも優れていると言えます。

 

 

これは、標準仕様になっている「全熱交換型24時間換気システム」や「Low-Eペアガラス」、使用している断熱材の素材などから見て、高断熱であることが分かるので、防音性能も高いということになります。

他のハウスメーカーと比べると?

タマホームでは、

・建築予定地の環境

・家族構成

などに合わせて間取りを作り、防音対策を行っています。

 

 

そのため、標準仕様であっても、他のハウスメーカーに比べて、防音性能は高めです。

 

 

ピアノを弾くなど、特別なことがない限り、標準仕様で十分です。

 

 

合わせて読みたい

【2019】タマホームの標準仕様総まとめ!窓・キッチン・トイレなど徹底調査

【タマホーム】防音性能に優れた商品はコレ!

出典:TamaHome

タマホームで、特に防音性能に優れた商品は、「大安心の家「暖」PREMIUM」です。

 

 

高性能かつ、軽量を実現した「トリプルガラス」を使用することで、夏は熱や紫外線、冬は冷気の侵入を防ぎ、居室内の温度を保ちます。

 

 

また、熱を通しやすいサッシフレームをスリム化し、ガラス面積を増やすことで、断熱性を上げています。

 

 

断熱材や床パネルも、高い断熱性なので、防音性も高いです。

【タマホーム】防音性能に優れた家の間取り

出典:TamaHome

 

リビングダイニングを中心に、家族が集まる間取り。

 

 

標準仕様でもしっかりとした防音効果がありますが、水回りをまとめ、浴室の上にウォークインクローゼットを設けたり、隣室との間にクローゼットを設けることで、防音効果を高めています。

 

 

玄関上部の吹き抜けも、二階ホールなどにつながっていないため、吹き抜けですがうるさくなることはありません。

 

 

合わせて読みたい

タマホームの資料請求はここ!間取り・見積書・土地提案をパッと依頼する神サービスはコレ

【タマホーム】防音性能を高める間取りの工夫は!?

水回りをまとめる

二階建ての場合もそうですが、平屋の場合も水回りをまとめると、排水の音が気にならなくなりますし、家事導線も良くなり、効率アップにつながります。

 

 

水回りをどこに置くかによって、物音も大きく変わってくるので、寝室から遠い位置に設けることを、おすすめします。

部屋同士が隣接する壁に、クローゼットを設ける

クローゼットを部屋が隣接する壁に設けるだけで、防音材代わりになり、音を吸収してくれます。

 

 

そのため、中の音も隣の部屋に聞こえにくくなりますし、隣の部屋の音も聞こえにくくなります。

道路側に寝室を作らない

建てる敷地の方角などにもよりますが、冷暖房を使わず窓を開けて過ごす季節は、道路側に寝室を作ると、車の音や通行人の話し声が気になります。

 

 

出来ることなら、道路と反対側に寝室を設けると、外の音が気になりません。

【タマホーム】防音性能に関する口コミ・評判!

悪い口コミ

10年ほど前にタマホームで家を建てました。特に大きな問題もなく快適に生活できていますが、基準の断熱材だと、何とか新省エネルギー基準をクリアしているため、思ったほど断熱効果や防音性能は、高くないように思います。

良い口コミ

外の音は静かですが、2階の足音は少し響きます。私は気になりませんが、気になる人は防音マットなど、敷いた方が良いかもしれません。

まとめると

多少音が聞こえても気にならないという人は多いものの、音に敏感な人は、予防でクッション材などを入れておくことを、おすすめします。

まとめ

今回は、タマホームの防音性能について、詳しくまとめました!

 

 

タマホームは、標準仕様で防音性能に優れているので、物音が心配な方でも、安心して利用することができます。

 

 

楽器を使用する人や、わずかな音も気になるような人は、オプションなどで断熱材を変えたり、床にクッション材を使用したりして、工夫することをおすすめします。

 

 

注目のイチオシ記事

タマホームの資料請求はここ!間取り・見積書・土地提案をパッと依頼する神サービスはコレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です