タマホームとレオハウスを比較!特徴・価格・標準仕様の違いが丸わかり

タマホームとレオハウスは、よく比較される対象になっていることを、ご存知でしょうか?

 

 

この二つのハウスメーカーの違いが分かれば、どちらに依頼すればいいのかが分かります。

 

 

今回は、

・【タマホームとレオハウス】特徴で比較!

 

・【タマホームとレオハウス】価格・坪単価で比較!

 

・【タマホームとレオハウス】建て方・工法で比較!

 

・【タマホームとレオハウス】標準仕様で比較!

 

・【タマホームとレオハウス】商品ラインナップで比較!

など、タマホームとレオハウスを徹底比較します!

【タマホームとレオハウス】特徴で比較!

 

タマホームの特徴は何といっても、ローコスト住宅に力を入れていることで、「タマストラクチャー」と呼ばれるシステムを活用して、更なるローコスト住宅を建てています。

 

 

対するレオハウスでは、かつてタマホームと業務提携していた経緯があるのが特徴で、違いを出すために

・自由設計

 

・標準仕様

を充実させることに、こだわっています。

【タマホームとレオハウス】価格・坪単価で比較!

 

タマホームの坪単価は、25~40万円で、レオハウスの坪単価は、30~50万円です。

 

 

二つの住宅会社は、ローコスト住宅を扱っていることから、この価格帯は非常に魅力的だと言えるでしょう。

 

 

もちろん、この他にも様々な違いがあるので、よく比較しておきたいところです。

 

 

合わせて読みたい

タマホームの気になる価格帯・坪単価が丸わかり!他の住宅会社と徹底比較 【ローコスト住宅】タマホームの価格がピカイチで安い!?口コミ・商品・間取り

【タマホームとレオハウス】建て方・工法で比較!

 

タマホームもレオハウスも、木造軸組在来工法で住宅を建てており、その強度や耐震性などがより確保されています。

 

 

・建て方

 

・工法

に関しては大きな違いはないので、そこまでこだわることはないかもしれません。

【タマホームとレオハウス】標準仕様で比較!

 

タマホームでは、オール電化や熱交換型換気システムといった、便利な標準仕様が取り揃えられています。

 

 

一方で、レオハウスの標準仕様は、地震の揺れによって、建物の変形を抑える制震システムや、吹き抜け断熱などが標準となっています。

 

 

吹き抜け断熱は、元々オプションだったものを標準化したもので、高い気密性を確保するのに役立ちます。

 

 

合わせて読みたい

【2019】タマホームの標準仕様まとめ!窓・キッチン・トイレなど徹底調査♪

【タマホームとレオハウス】商品ラインナップで比較!

 

タマホームでは、

・大安心の家

 

・大安心の家 PREMIUM

 

・木麗な家

などといった、様々なラインナップが揃っています。

 

 

一方でレオハウスでは、CoCoという家を中心に、提供されています。

 

 

これらを比較すると、歴史が長いタマホームの方が、商品ラインナップが多いので、どんな住宅にしようか検討しやすいでしょう。

 

 

合わせて読みたい

【タマホーム】大安心の家で全てが叶う!?@キッチン・坪単価・プレミアム 【タマホーム】木麗な家は低価格で自由設計!@価格・間取り・特徴まとめ 【地域別】タマホームの商品ラインナップ総まとめ!希望の家はコレだ!

【タマホームとレオハウス】設計の自由度で比較!

 

タマホームもレオハウスも、自由設計ができる仕組みにこだわっていますが、どちらかといえば、レオハウスの方が、設計の自由度が高くなっています。

 

 

同じローコスト住宅メーカーではあるものの、設計の自由度では、レオハウスに軍配が上がるでしょう。

 

 

合わせて読みたい

タマホームの資料請求はここ!電話営業も来ない安心の神サービス

【タマホームとレオハウス】オプションで比較!

 

タマホームでは、防犯ペアガラスやサイディング、引き込み戸や、階段下収納増設、電動窓シャッターといった多くのオプションがあります。

 

 

一方で、レオハウスでは、3路スイッチ、電灯、オプピカスイッチ、コンセント、電話空配管、ダウンライト、ダイニングライティングレールなど、様々なオプションを取り揃えています。

【タマホームとレオハウス】満足度で比較!

 

タマホームとレオハウスでは、どちらかと言えば、レオハウスの方が満足度が高いでしょう。

 

 

どちらも価格の安さ以上に、質の高い設備が揃っていますが、それ以上に

・設計の自由度の高さ

 

・標準仕様

などの面で、レオハウスの方が、顧客からの満足度が高く、評価も高くなっています。

【タマホームとレオハウス】アフターサービスで比較!

 

タマホームのアフターサービスは、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年の6回に分かれた10年保証ですが、レオハウスのアフターサービスは、1ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年の10年保証になっており、その他のアフターサービスも充実しています。

まとめ

 

レオハウスはタマホームと業務提携していた過去を持ち、同じローコスト住宅メーカーとして、活動しています。

 

 

とはいえ、ローコスト住宅メーカーとして、歴史が長いのはタマホームであり、その分様々なサービスが提供されているので、おすすめできるでしょう。

 

 

注目のイチオシ記事

タマホームの資料請求はここ!電話営業も来ない安心の神サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です