【超速報】タマホームVSへーベルハウス@特徴・価格・標準仕様で徹底比較!

家づくりは、一生に一度の買い物と考える人が多く、

実績があって、安心して依頼できるハウスメーカーで家を建てたい!

そういった方は、少なくありません。

 

 

「大安心の家」などで有名なタマホームと、「CUBIC(キュービック)」が代名詞のヘーベルハウス(旭化成ホームズ)は、特色が大きく異なるハウスメーカーです。

 

 

この記事では、

・【タマホームとヘーベルハウス】特徴の比較

 

・【タマホームとヘーベルハウス】建て方、工法の比較

 

・【タマホームとヘーベルハウス】価格、坪単価の比較

 

・【タマホームとヘーベルハウス】標準仕様(内装)の比較

 

・【タマホームとヘーベルハウス】標準仕様(外壁)の比較

 

・【タマホームとヘーベルハウス】オプションの比較

 

・【タマホームとヘーベルハウス】満足度・評価の比較

など、両社の気になる特色を比較しながら、詳しく紹介します!

【タマホームとヘーベルハウス】特徴で比較!

 

両社の特徴を大きくまとめると、

タマホームは「品質も、価格も、叶う家」をコンセプトに、ローコストかつ高品質の住宅で有名で、注文住宅着工棟数でも、上位のハウスメーカーです。

 

 

一方、ヘーベルハウスは、「安心も、快適も、末永く。」をコンセプトに耐久性・耐震性に優れた、「頑丈な家」のイメージで有名です。

 

 

上述のとおり、タマホームとヘーベルハウスは

・コンセプト

 

・特徴

が大きく異なるハウスメーカーであることが分かります。

【タマホームとヘーベルハウス】建て方・工法で比較!

 

タマホームは「木造在来軸組工法」を採用しています。

 

 

柱と梁で構成される、この建築方法は、設計の自由度が高く、様々な要望に応えられることが特徴です。

 

 

また、4面から耐力面剤を用いることで、高い耐震性を確保しています。

 

 

一方で、ヘーベルハウスは、「ハイパワード制震ALC構造」を採用しています。

 

 

ALCとは「高温高圧蒸気養生された、軽量気泡コンクリート」の意味を持ち、

・耐火

 

・防火

 

・強度

に優れていることが特徴です。

 

 

また、耐震フレームと剛床システムを組み合わせた構造で、地震エネルギーを受け流す「制震」を実現しています。

【タマホームとヘーベルハウス】価格・坪単価で比較!

 

気になる、タマホームとヘーベルハウスの価格の比較は、以下となります。

 

 

タマホームの人気商品の坪単価は、

・木麗な家:35~40万円/坪

 

・大安心の家:40~45万円/坪

 

・ガレリアート:50~70万円/坪

です。

 

 

タマホームの坪単価の相場は、35~70万円です。

 

 

ローコスト住宅から、比較的高額な住宅まで、幅広い価格帯の商品がそろっていることが特徴です。

 

 

一方で、ヘーベルハウスの人気商品の坪単価は、以下の通りです。

・CUBIC:65~75万円/坪

 

・新大地:80~85万円/坪

 

・FREX:85~90万円/坪

 

 

ヘーベルハウスの坪単価の相場は、65~90万円です。

 

 

大手ハウスメーカーの平均坪単価で、上位に位置しています。

 

 

ヘーベルハウスでは、柱がない広い空間を確保するため、鉄骨をつかっており、躯体・基礎の費用で、割高となるようです。

 

 

合わせて読みたい

【タマホーム】木麗な家は低価格で自由設計!@価格・間取り・特徴まとめ 【タマホーム】大安心の家で全てが叶う!?@キッチン・坪単価・プレミアム 【タマホーム】ガレリアートの価格や間取り、口コミなどを紹介! タマホームの気になる価格帯・坪単価が丸わかり!他の住宅会社と徹底比較

【タマホームとヘーベルハウス】標準仕様(内装)で比較!

 

タマホームは、サニタリー(浴室、洗面所など)の広さにこだわっています。

 

 

足を思いっきりのばして、くつろぐことができる「1620」、「1818」サイズの浴槽を標準仕様としています。

 

 

また、キッチンは

・壁付け

 

・対面式

 

・アイランド

 

・ペニンシュラ

など、暮らしに合わせたキッチンを組み立てることができ、LIXIL・EIDAI・タカラスタンダードなどから、選ぶことが可能です。

 

 

一方、ヘーベルハウスでは、キッチンは研磨などの傷にも強い、人工大理石が特徴な「トクラス」をはじめ、4つのメーカーから選べます。

 

 

サニタリーは

・TOTO

 

・セキスイ

 

・LIXIL

の中から、自分好みのデザインを選択できます。

 

 

合わせて読みたい

タマホームの資料請求はここ!電話営業も来ない安心の神サービス 【地域別】タマホームの商品ラインナップ総まとめ!希望の家はコレだ!

【タマホームとヘーベルハウス】標準仕様(外壁)で比較!

 

タマホームでは、自然な風合いの「ナチュラルスタイル」、直線的なデザインの「シンプルスタイル」など、4つのテーマをはじめ、豊富なバリエーションの中から、自分好みの自由設計が可能です。

 

 

また外壁は、汚れを雨で流し落とす、「セルフクリーニング効果」のあるコーティングを施してあり、

・デザイン性

 

・機能面

で、充実した標準仕様を備えています。

 

 

一方で、ヘーベルハウスは、工業化住宅で初めて「制震」を標準仕様として、万が一の地震にも、安心な性能を備えています。

 

 

また、防犯面にも力をいれており、1階と2階で違うガラスを採用していることが特徴的です。1階には防犯ガラス、2階には複層ガラスを採用し、防犯性能を高めています。

 

 

合わせて読みたい

【2019】タマホームの標準仕様まとめ!窓・キッチン・トイレなど徹底調査♪

【タマホームとヘーベルハウス】オプションで比較!

 

タマホームの住宅を購入した人の口コミでは、平均200万~300万のオプションを採用しています。

 

 

主に、

・トイレの増設

 

・キッチンのグレードアップ

 

・収納の増設

などのオプションが多いようです。

 

 

一方で、ヘーベルハウスは、構造上の断熱材を増やせません。

 

 

そのため、

エコキュート床暖房や、床材を無垢に変更するオプションは必須だ!

という口コミが多数ありました。

 

 

また、収納場所を確保するため、パントリーを設置する人も多いようです。

【タマホームとヘーベルハウス】満足度・評価で比較!

 

タマホームの自由設計住宅は、低価格で高品質!との評価が多くありました。

 

 

また、標準でオール電化のため、住みはじめてからのコスト面で、高い満足感につながっているようです。

 

 

ですが、

建てたあとのフォローが不十分!

定期点検はあいまいな対応が多い!

など、アフターサービスの面で、難があるようです。

 

 

一方で、ヘーベルハウスは、アフターメンテナンスの面で、非常に高い評価がありました。

 

 

30年間メンテナンスが無料な点や、大きな地震があると、いち早く担当者が訪問し、一軒一軒点検するなど、顧客へのサポートが手厚いのが特徴です。

 

 

ですが、床暖房などオプションをつけないと、

冬場は非常に冷える!

構造上、Wi-Fiの感度が悪い!

といった口コミも目立ちました。

まとめ

 

大手ハウスメーカー、タマホームとヘーベルハウスは、どちらもよく聞く会社ですが、

・特徴

 

・価格帯

がかなり違うことが、お分かり頂けたと思います。

 

 

ヘーベルハウスは、ハウスメーカーの中でも、高めの価格帯ですが、高い耐久性・耐震性で、長く安心して暮らせることで、根強い人気があります。

 

 

一方タマホームは、一般的にローコストハウスメーカーとして知られていますが、材料を大量に発注することで、低価格・高品質を実現しています。

 

 

ローコストで、自分好みの住みやすい家を建てたい!

という方は、ぜひタマホームを検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

注目のイチオシ記事

タマホームの資料請求はここ!電話営業も来ない安心の神サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です