【タマホーム】ウッドデッキでHAPPYライフ♪間取り&価格総まとめ

タマホームを検討している方や、興味を持っている方で、

ウッドデッキが家族が集う場として最適!

ということを知っていますか?

 

 

ウッドデッキには、様々なメリットがあるので、生活を豊かなものにしてくれます。

 

 

今回は、

・ウッドデッキって何?

 

・【タマホーム】ウッドデッキを作る価格費用

 

・【タマホーム】ウッドデッキのある間取り

 

・【タマホーム】ウッドデッキはどこに置くのがおすすめ?

 

・【タマホーム】ウッドデッキでどんな使い方ができる?

など、タマホームのウッドデッキに関する、気になる情報を詳しく紹介します!

もくじ

ウッドデッキって何?

 

ウッドデッキと言われても、

どんなものなのか分からない!

という人もいるでしょう。

 

 

ウッドデッキを設置することで、快適な生活が送れるかもしれません。

 

 

それでは、ウッドデッキについて説明します!

ウッドデッキとは

 

ウッドデッキとは、建物の前に高く設置される木製のテラスで、アウトドアリビングなどを楽しむことができるのが、特徴です。

 

 

ウッドデッキに使われている木材は、基本的に

・耐候性

 

・防蟻性

 

・耐菌性

などにすぐれている、天然の木材が使用されています。

 

 

一般的なリビングの他に、ウッドデッキがあれば、快適な生活に一役買ってくれるでしょう。

どんな人がおすすめ?

 

ウッドデッキは、実に多くの人におすすめできるスペースです。

 

 

もちろんウッドデッキを設置する上で、気を付けたいことは多くありますが、それを踏まえた上でも、ウッドデッキはおすすめです。

 

 

それでは、ウッドデッキはどんな人におすすめなのか説明します!

もっとリビングを広くしたい人!

 

ウッドデッキの最大の特徴は、リビングと同じ高さで外に出られることです。

 

 

つまり、屋外にありながら、空間を広げることができます。

 

 

外に出るということで、

靴を履かなければならない手間があるのでは?

と思うかもしれませんが、芝生と違って木製の床なので、裸足で歩けるのもポイントです。

 

 

室内のリビングだけでなく、

もっと間取りに奥行きを持たせて、空間を広くしたい!

と思っている人におすすめです。

子どもやペットの遊び場にしたい人!

 

ウッドデッキは、子どもやペットの遊び場にできる点も、見逃せません。

 

 

ウッドデッキは裸足で歩くことが可能であり、なおかつ地面を踏まないので、室内に汚れを持ち込んでしまう心配がありません。

 

 

屋外にいながら足を汚すことなく、のびのびとした空間で過ごせるのは、非常に重要なスペースだと言えるでしょう。

プライバシーを守りたい人!

 

人がよく通る場所に窓を設置してしまうと、外から室内が丸見えになってしまいます。

 

 

しかし、フェンス付きのウッドデッキを設置することで、カーテンを閉めなくても、外から室内が見えるのを防ぐことができます。

 

 

開放的な間取りにしたいけど、プライバシーを守りたい!

という人におすすめです。

【タマホーム】ウッドデッキを作る価格費用はどれくらい?

 

ウッドデッキに興味を持って、設置してみたい!となったら、どれくらいの価格費用がかかるのか、気になりますよね。

 

 

もしタマホームでウッドデッキを設置するのであれば、およそ18~120万円程度の価格費用がかかります。

 

 

ここまで費用の幅が大きいのは、どのくらいの広さのウッドデッキを設置するのかによって、大きく費用が変わるからです。

 

 

小さいウッドデッキであれば、18万円程度で設置できますが、十分な広さのウッドデッキを設置するとなると、想像以上に費用が高くなるでしょう。

 

 

ウッドデッキの設置を考えているなら、事前に住宅会社の担当者と相談するのがおすすめです。

 

 

合わせて読みたい

タマホームの気になる価格帯・坪単価が丸わかり!他の住宅会社と徹底比較

ウッドデッキが標準仕様の商品はある?

 

タマホームの商品の中で、ウッドデッキが標準仕様となっている商品と言えば、『グリーンエコの家』が挙げられます。

 

 

この「グリーンエコの家」の特徴は、何といっても、都会に建つ家でありながら、自然豊かな緑が感じられることです。

 

 

 

屋上庭園やウッドデッキなど、家族が緑に囲まれながら、快適に生活できるのが、グリーンエコの家だと言えるでしょう。

 

 

さらに、

・長期優良住宅

 

・自由設計、注文住宅

 

・何十年経っても、安心して暮らせる構造性能

の3点セットとなっているため、家族で暮らすのに、申し分ない性能となっています。

 

 

参考 グリーンエコの家TamaHome

 

 

合わせて読みたい

【タマホーム】屋上庭園♪グリーンエコの家の価格・評判・間取り全て公開!

リフォームでウッドデッキは作れる?

 

タマホームで家を建てた後に、ウッドデッキは設置できない?

と考える人も、いらっしゃると思います。

 

 

タマホームの家は、後からウッドデッキを設置することができますが、庭の周りに十分なスペースがあるほど、設置しやすくなります。

 

 

タマホームで、ウッドデッキをリフォームで設置する際の費用相場は、30~150万円となっています。

【タマホーム】ウッドデッキのある間取り

シンプルなデザイン!平屋スタイルのウッドデッキのあるタマホームの間取り

 

出典:TamaHome

 

シンプルなデザインが魅力の、ウッドデッキのあるタマホームの間取り。

 

 

広いウッドデッキでは、家族でバーベキューを楽しむことができます。

 

 

・リビングに設置した薪ストーブ

 

・サーフボードが置ける玄関土間

 

・主寝室にある、小上がりの畳みスペース

など、数々の希望が実現した、居心地の良い家です。

 

 

合わせて読みたい

タマホームの資料請求はここ!間取り・見積書・土地提案をパッと依頼する神サービスはコレ

【タマホーム】ウッドデッキはどこに置くのがおすすめ?

 

ウッドデッキを設置する場合、どこに設置するのがおすすめなのか、気になりますよね。

 

 

せっかく高い費用をかけて設置するのですから、なるべく失敗しないようにしたいものです。

 

 

それでは、ウッドデッキはどこに設置するのがおすすめなのか、説明します!

リビングの延長線上に設置する!

 

ウッドデッキは、リビングの延長線上に設置することが、おすすめです。

 

 

ウッドデッキは、リビングと同じ高さで設置することが何よりも重要なので、リビングの延長線上に設置することで、室内と屋外を無駄なく行き来することができます。

建物に囲まれて、外に出られる場所に設置する!

 

ウッドデッキは、大変利便性が高いものですが、気になりやすいのは、プライバシーの確保や、室内との連携ができるかどうかです。

 

 

そこで、ウッドデッキを設置するのにおすすめの場所が、建物に囲まれながらも外に出られる位置です。

 

 

建物に囲まれている安心感と、プライバシーが守られる、メリットが同時に得られるため、ウッドデッキを有効活用できます。

 

 

もちろん、ウッドデッキの半分は室内に入っているため、室内にいる人と連携がしやすいメリットもあるでしょう。

 

 

参考 暮らしの楽しみを創り出す「ウッドデッキ」の魅力TamaHome

 

 

合わせて読みたい

【超必読】タマホームのいろは!間取りプラン・実例・口コミ全て大公開

【タマホーム】ウッドデッキでどんな使い方ができる?

 

ウッドデッキを設置することで、様々な使い方ができるのが、大きな魅力です。

 

 

使わなければ、ただの物置と変わらないので、有効活用する必要があります。

 

 

それでは、ウッドデッキはどんな使い方ができるのか、説明します!

洗濯物などを干すのに使う!

 

ウッドデッキは、室内と同じ高さで利用できるので、洗濯物や布団などが干しやすくなります。

 

 

南向きの家なら日が当たりやすいので、洗濯物などを干すのに最適ですし、屋根が設置してあれば、雨が降ってきてもウッドデッキが濡れるのを、最小限に抑えることができます。

 

 

洗濯物を干すのに、その都度靴を履いたりしなくていいので、主婦にとってもありがたいです。

子どもやペットの遊び場として活用する!

 

ウッドデッキは、子どもやペットの遊び場としても、有効活用できます。

 

 

一般的な庭でも同じことができますが、それだと虫が気になりますし、地面を踏んだまま室内に帰ると、床が土などで汚れてしまいます。

 

 

しかし、ウッドデッキであれば、地面に足を付けることなく裸足で遊べるので、夏に子どもがプールで遊んだり、スペースが広ければ、ペットがのびのびと遊べる空間にもなるでしょう。

ゆったりとくつろげるテラスとして使う!

 

ウッドデッキは、外でゆったりとくつろげるテラスとして、使うこともできます。

 

 

イスやテーブルを用意して、外の風に当たりながら、優雅な一時が過ごせる空間は、とても貴重です。

 

 

ウッドデッキがリビングにつながっていれば、必要なものをすぐに持っていきやすいのも、大きなポイントです。

【タマホーム】ウッドデッキはどんな素材がおすすめ?

 

ウッドデッキに使われる素材は多くあるので、後々のメンテナンスに悩まされないように、慎重に素材を選ぶ必要があります。

 

 

・耐久性

 

・メンテナンスの頻度

など、様々なポイントを抑えることで、さらに有効活用できるでしょう。

 

 

それでは、ウッドデッキはどんな素材がおすすめか、説明します!

サイプレス

 

サイプレスは、ハードウッドでありながら、加工性や耐久性に優れた木材で、DIYの初心者でも簡単に扱えるほどの、扱いやすさを誇っています。

 

 

木目もインテリアにふさわしい美しさで、肌触りや香りも良い、という特徴があります。

 

 

また、世界一シロアリに強いと言われているため、シロアリによる被害が心配な人にもおすすめです。

イタウバ

 

イタウバは、南米ブラジル原産の木材で、なんと30年もの間メンテナンスが不要、という特徴があります。

 

 

強度の高さから折れにくく、経年劣化しにくいので、何年も長持ちする木材です。

 

 

また、防腐処理も不要なので、子どもの安全を考慮する人にもおすすめです。

アマゾンウリン

 

アマゾンウリンは、ブラジル原産のハードウッドで、25年もの間長持ちします。

 

 

メンテナンスを定期的に行うことで、30年以上長持ちするでしょう。

 

 

そもそもウッドデッキに使われる木材といえば、ウリンが挙げられますが、実はウリンよりも、アマゾンウリンの方が硬いというのが特徴です。

 

 

その硬さから耐久性が高く、樹液も出にくいので、メンテナンスがしやすいなどのメリットがあります。

イペ

 

イペは、南米アマゾン原産のハードウッドで、特に目を見張るのは、耐久性が非常に高いことです。

 

 

最低でも30年以上は、軽いメンテナンスを行うだけで長持ちするので、メンテナンスが面倒な人におすすめです。

 

 

また、イペは年月が経つにつれて、色合いが変わるという特徴があります。

 

 

長く使えて、変わっていく色合いを楽しめるのも良いですね。

【タマホーム】ウッドデッキの口コミ!

 

タマホームでウッドデッキを設置した人の口コミは、多くあります。

 

 

中には設置して、後悔した人もいるかもしれませんが、設置したことで、生活が快適になった人もいるでしょう。

 

 

もしウッドデッキの設置を検討しているなら、口コミを確認するのがおすすめです。

 

 

それでは、タマホームでウッドデッキを設置した人の口コミを、紹介します!

悪い口コミ

タマホームの家にウッドデッキを設置してみましたが、結局ほとんど使わずに放置しています。あれだけ高い費用をかけたのに、使わなかったことを後悔しています。

タマホームの家にウッドデッキを設置しましたが、メンテナンスの頻度が多くて困っています。特に頻繁に使っているわけでもないので、もっと素材選びに気を付ければよかったです。

良い口コミ

タマホームの家にウッドデッキを設置したことで、ますます快適に暮らせるようになりました。子どもも元気に遊べているので、設置して良かったです。

安くてメンテナンスの頻度も少ない、良い素材を選びました。安い費用で、ここまでのウッドデッキが設置できたので、快適な生活に一役買ってくれています。

タマホームの家に、フェンス付きのウッドデッキを設置したことで、子どもやペットが、安全にのびのびと遊べています。

まとめると

 

ウッドデッキを設置する際は、費用やメンテナンスの問題はもちろん、本当に必要なのか考えないと、設置後に後悔することになりかねないようです。

 

 

ですが、ウッドデッキに使う素材などをきちんと吟味することで、子どもたちがのびのびと遊べるなど、様々なメリットがあります。

 

 

素材を吟味し、スペースを考えて設置すれば、必ずや便利なウッドデッキになります。

【タマホーム】ウッドデッキのメリットは?

 

ウッドデッキには様々なメリットがあるので、

これからウッドデッキを設置したい!

と思っている方は、ぜひ設置するのがおすすめです。

 

 

ウッドデッキがあるだけで、様々な用途で活用出来ますし、快適な生活が送れます。

 

 

それでは、ウッドデッキのメリットについて説明します!

第2のリビングになる!

 

ウッドデッキは、第2のリビングとして、活用できる大きなメリットがあります。

 

 

ウッドデッキは、室内から続くリビングの延長線上にあるものなので、外の空気に触れながら、一息つくためのスペースとして活用したり、バーベキューなどを楽しむ場所としても効果的です。

 

 

室内では

・煙

・匂い

などが気になりますが、外でできれば、特に気にする必要はありません。

 

 

また、虫などを気にすることもないので、ゆったりと過ごせるスペースになります。

趣味を楽しむ場所として、使用できる!

 

ウッドデッキを設置することで、室内ではやりにくかったり、できなかった趣味を楽しめるようになります。

 

 

・ガーデニング

 

・日曜大工

 

・ヨガ

など、実に多彩な趣味が楽しめるようになるのが、ウッドデッキの活用方法の一つ、だと言えるでしょう。

外観をおしゃれに魅せられる!

 

理想の家を建てたとしても、外観が殺風景だと、見栄えがあまりよくありません。

 

 

しかし、ウッドデッキを設置することで、ちょうど良いアクセントになります。

 

 

ウッドデッキを設置するだけで、おしゃれな外観にすることができるので、見栄えを良くしたい方は、設置するのがおすすめです。

 

 

合わせて読みたい

【タマホーム】おしゃれな家が低価格で実現!?おしゃれな外観&内装の家まとめ

【タマホーム】ウッドデッキのデメリットは?

 

ウッドデッキには、様々なメリットがありますが、デメリットがあることも忘れてはいけません。

 

 

定期的なメンテナンスが必要ですし、使用する木材にも注意しないと、腐朽化してしまうので注意が必要です。

 

 

それでは、ウッドデッキのデメリットについて説明します!

メンテナンスの費用や手間がかかる

 

ウッドデッキは木製なので、きちんと手入れをする必要があります。

 

 

ウッドデッキを設置する際に費用がかかりますが、さらにメンテナンスを行う時にも、費用がかかるのがデメリットです。

 

 

普段からよく管理することで、長持ちするので必要な費用だと言えますが、それでもメンテナンスの費用や手間が、定期的に必要になるので、注意しましょう。

 

 

合わせて読みたい

【ローコスト住宅】タマホームの価格がピカイチで安い!?口コミ・商品・間取り

使用する木材によっては、腐りやすくなる

 

ウッドデッキに使われている木材は、様々な種類があり、それぞれ腐りやすさが違います。

 

 

もし、ウッドデッキを設置するのであれば、木材の腐りやすさに注意しなければなりません。

 

 

腐りやすい木材を使用していると、早めにメンテナンスを行う必要がありますし、早期にウッドデッキを撤去する必要もあります。

 

 

木材の腐りやすさには、十分に注意しましょう。

ウッドデッキを使わなくなる可能性がある

 

ウッドデッキには様々なメリットがありますが、使わなくなってしまったら、ただの物置になってしまうデメリットがあります。

 

 

せっかく費用をかけて設置したのに、使わないのは非常にもったいないため、設置する前に、本当にウッドデッキが必要なのか、よく考えた方が良いでしょう。

まとめ

 

ウッドデッキには様々なメリットがありますが、

・メンテナンス

・素材

など、多くの注意点があります。

 

 

せっかく設置したウッドデッキを無駄にしないためにも、

・耐久性

 

・肌触り

 

・メンテナンスの頻度

などを気にしながら、検討することが大切です。

 

 

注目のイチオシ記事

タマホームの資料請求はここ!間取り・見積書・土地提案をパッと依頼する神サービスはコレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です