タマホーム+スマートハウスが安い?価格・坪単価・タイプはコレ

タマホームのスマートハウス「T-SMART」をご存知でしょうか?

 

 

HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)が標準装備になっている、スマートハウスです。

 

 

環境に優しく、安心の家に住むことができますし、

・ダイヤモンドタイプ

 

・プラチナタイプ

 

・ゴールドタイプ

の3種類があり、スマートハウスに必要な装置を、自由に組み合わせることができるのも魅力です。

 

 

今回は、

・スマートハウスって何?

 

・【タマホーム】スマートハウス「T-SMART」って何?

 

・【タマホーム】スマートハウス「T-SMART」の価格、坪単価

 

・【タマホーム】スマートハウス「T-SMART」の特徴

 

・【タマホーム】スマートハウス「T-SMART」の口コ

 

・【タマホーム】スマートハウス「T-SMART」のメリット、デメリット

など、タマホームのスマートハウス「T-SMART」に関する、気になる情報を詳しく紹介します!

スマートハウスって何?

スマートハウスとは、IT(情報技術)を使って、家庭内のエネルギー消費が、最適に制御された住宅のことです。

 

 

具体的には、

・太陽光発電システムや蓄電器などのエネルギー機器

 

・家電、住宅機器

などをコントロールし、エネルギーマネジメントを行うことで、CO2排出の削減を実現する、省エネ住宅のことです。

どんな人がおすすめ?

節約したい人

最初の初期費用は掛かりますが、使用量が目に見えるので、使いすぎた!と感じたときに、不要な電気を消したりすることで、月々の光熱費は安くなります。

 

 

また、余ったエネルギーは売ることもできます。

 

 

節電したい人はもちろんですが、

環境のために何かしたい!

という人におすすめです。

【タマホーム】スマートハウス「T-SMART」って何?

タマホームのスマートハウス「T-SMART」は、三つのタイプから選べるスマートハウスです。

 

 

太陽光発電システム、ガス発電のエコウィルやエネファーム、エコキュート、エネファーム、オール電化、リチウムイオン蓄電器などを組み合わせ、電気の流れが見えるHEMSでコントロールしています。

どんなタイプがある?

ダイヤモンドタイプ

クリーンエネルギーの太陽光発電システムと、ガスで発電する家庭用燃料電池のエコファームで、ダブル発電を行います。

 

 

また、リチウムイオン蓄電池も備えているため、震災時などにも電気供給が可能で、安心な環境性能型。

プラチナタイプ

クリーンシステムの太陽光発電システムと、ガスで発電するガスエンジン発電機のエコウィル、電気とガス2つのエネルギーを効率良く使うバランス型です。

 

 

こちらもリチウムイオン蓄電池を備えているため、震災時などにも電気供給が可能なので、安心です。

ゴールドタイプ

クリーンエネルギーの太陽光発電システムと、空気の熱でお湯を沸かすエコキュート(オール電化住宅)、または高効率ガス給湯器のエコジョーズ(ウィズガス住宅)から選べるタイプです。

 

 

HEMSで電気の使いすぎを発見できたり、高効率の給湯設備によって節約するタイプ。

【タマホーム】スマートハウス「T-SMART」の価格・坪単価はどれくらい?

建てる家の大きさなどによって、もちろん値段は変わってきますが、平均で坪単価60万円です。

 

 

最初は大きな出費ですが、毎月の光熱費が下がり、売電ができたり、震災時の保険にもなります。

 

 

もう少し安くするためには、他の部分でグレードを落とすなどの対策が、必要になります。

他のハウスメーカーのスマートハウスと比べると安い?

 

一言でスマートハウスといっても何をつけるか、家の大きさなどによって変わってきますが、標準のスマートハウスの平均価格は、

・一条工務店:約70万円

 

・積水ハウス:約65万円

 

・住友林業:約90万円

になります。

 

 

タマホームのスマートハウス「T-SMART」は、約60万円なので、他に比べて安いことが分かります。

 

 

合わせて読みたい

タマホームの気になる価格帯・坪単価が丸わかり!他の住宅会社と徹底比較

【タマホーム】スマートハウス「T-SMART」の口コミ!

悪い口コミ

太陽光発電システムをつけましたが、天気が悪い日が続くと蓄電池だけでは足りず、結局電気代がかかります。設置してよかったのか分かりません。

大家族ですが、建坪が小さいため、太陽光発電だけではカバーしきれませんでした。その初期費用を使って、もう少し広いところに、普通の家を建てればよかったです。

良い口コミ

ガス漏れの心配がないので、心配性の私にとってはよかったです。震災時に電気と水の心配がないことも決め手で、初期費用は保険料と思えば納得です。

T-SMARTの家にしましたが、自分が環境保護に役立っていると感じることができました。

今後電気自動車を購入予定なので、T-SMARTにしました。自宅で作られた電気で、自動車の充電ができるので、ガソリン代の心配がありません。

まとめると

 

太陽光発電システムなどの知識が乏しかったりすると、建ててから

こんなはずじゃなかった!

と後悔してしまうようです。

 

 

最低限の知識をもって、自分の家族にどんなものが合うのか、何が必要かをきちんと理解できていると、満足のいく結果になります。

 

 

分からないことは、事前に聞いたり調べたりして、家族に合った住宅機器をつけられるようにしましょう。

【タマホーム】スマートハウス「T-SMART」のメリット

災害時も安心

近年多発している自然災害で、電気や水の供給が止まってしまうことが多いですが、太陽光発電や蓄電池があれば、電気の供給が止まることはありません。

 

 

また、エコキュートなどは、外から開けて水を出すことができるため、水の供給が止まったときにも、お風呂などを我慢すれば、しばらくは安心です。

節電の意識が高まる

電力の見える化によって、使いすぎていないか、確認することができます。

 

 

そのため、お子さんなどに

使いすぎ!

と注意する際にも、はっきりと数字で教えることができるので、節電への意識が高まりやすくなります。

環境保護に役立つ

地球のために何かしたい!

と思っても、実際何をしたらいいか、何ができるか分かりにくく、なかなか行動に移せなかったりしますよね。

 

 

T-SMARTでは、初期費用はかかりますが、普通に生活するだけで、環境保護になります。

【タマホーム】スマートハウス「T-SMART」のデメリット

初期投資が高い

長い目で見ればお得感がありますが、初期投資の金額が大きく、将来的にガソリン代や電気代の大幅な値上がりがないと、元を取りにくいという場合もあります。

 

 

事前に通常の光熱費がどのくらいで、「T-SMART」にしたらどれくらい安くなる、などの試算をしてみるのもいいでしょう。

【タマホーム】スマートハウス「T-SMART」はどんな人がおすすめ?

小さなお子さんや高齢者のいる人

オール電化だと、火災の心配が減るので、小さなお子さんや高齢者のいる家だと安心です。

まとめ

 

決して安くはないですが、地球にも優しく、日々の光熱費を抑えることができる「T-SMART」。

 

 

その特性を理解することで、日々の生活で節電を考えたり、災害時の保険を準備することができます。

 

 

「T-SMART」の家は、安心できる暮らしが実現します。

 

 

注目のイチオシ記事

タマホームの資料請求はここ!間取り・見積書・土地提案をパッと依頼する神サービスはコレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です