タマホームで入れる&安い火災保険はココ!選ぶポイントも+

夢のマイホームを建てた際に、気になるのが火災保険ですよね。

 

 

タマホームで家を建てた場合、提携している火災保険はあるのでしょうか?

 

 

また、そこに決めるメリットはあるのでしょうか?

 

 

これから、

・タマホームが提携する火災保険会社

 

・タマホームで最も費用がお得な火災保険

 

・タマホームが提携している火災保険会社を選ぶメリット

 

・火災保険会社を選ぶポイント

など、タマホームの火災保険に関する、気になる情報を詳しく紹介します!

タマホームが提携する火災保険会社まとめ

三井住友海上火災保険【GK住まいの保険】

出典:三井住友海上

住まいのリスクを

1:火災・落雷・破裂・爆発

2:風災・雹災・雪災害

3:水漏れ

4:盗難

5:水災

6:破損・汚損などの突発的な事故

の6つに分類し、保証内容をシンプルにしたものです。

 

 

保証内容は充実していますし、オプション特約など、自分に合うようカスタマイズすることができるので、スマートな保険がいい人にはおすすめです。

 

 

暮らしのQQ隊もあり、急な「困った!」に対応してもらえます。

損保ジャパン【THEすまいの保険】

出典:損保ジャパン日本興亜

三井住友海上火災保険同様、6つのリスクの他、

・建物外部からの物体の落下、飛来、衝突

・騒擾、集団行動などに伴う暴力行為

なども、保証してくれます。

 

 

また、全ての保険に「すまいとくらしのアシスタントダイヤル」サービスが付きます。

 

 

さらに、水回りや鍵のトラブルの他、

・健康医療や介護関連の相談

 

・住宅相談

 

・法律相談

 

・税務相談

などを利用することができます。(トラブルの応急処置以外は有料)

東京海上日動【トータルアシスト住まいの保険】

出典:東京海上日動

基本のリスクに対応する他、原則として、地震保険も自動でセットになっています。

 

 

マンションなどのオーナー向けから、個人向けまで、オプションを各種幅広く備えています。

 

 

どんな予期せぬ事態にも、幅広く我が家を守りたい!

という人には、その名の通り、トータルでサポートしてくれる「住まいの保険」がおすすめです。

【タマホーム】最も費用がお得な火災保険はコレ!

同じ条件の家屋で計算した一例として、10年間の火災保険料総額を比べると、三井住友海上の火災保険が、一番費用としてはお得になります。

 

 

ただし、全ての補償について、一万円の自己負担額が発生します。

 

 

何もなければお得で済む保険ですが、何かあった場合には、他社の火災保険より、結果的には高くついてしまう可能性もあります。

タマホームが提携している火災保険会社を選ぶメリット

割引がある

どの保険会社を選んだとしても、パーセンテージの割合に多少の違いはあるものの、一割前後のタマホーム割引があります。

 

 

そこに新築であれば、築浅割引や、条件を満たしていれば耐震等級割引も適用され、保険料はかなり安くなります。

 

 

同じ保険なら、安いに越したことはないですよね。

何かあったときに楽

タマホームと通して契約すると、何かあったときには、タマホームに連絡すればいいので楽ちんです。

 

 

保険に契約しても、これは保険適用になるのかどうか、判断に迷うことってありますよね。

 

 

そんな時に契約書を引っ張り出して、内容を確認したり、電話番号を探してかける手間が省けます。

火災保険会社を選ぶポイント

費用保険金が基本補償かオプションか確認する

補償内容自体は、各社に大きな違いはありませんが、片付け費用などを含む、費用保険金が

・基本補償にセットされているか

・オプションになっているか

によって、保険料も変わってきます。

 

 

どちらがいいというわけではありませんが、比較する際には、大きなポイントになります。

全損時の補償額や自己負担額を把握する

全損時に、

・全額受け取れるものなのか

 

・保証金額を縮小したものなのか

 

・自己負担額があるのかないのか

などの詳細も把握しましょう。

 

 

こちらも、各ご家庭に合ったプランを選ぶのが一番なので、どれがいいというものではありません。

 

 

しかし、火災保険会社を比較する際は、各条件を揃えるか、保証が多いから保険料が高いなど、理解できるようにします。

リスク細分型保険の割引制度を確認する

自動車保険同様、火災保険でも多くなってきている、リスク細分型保険

 

 

・オール電化

・防災機器

・耐火性能

・新築

・ネット申し込み

など、多種多様な割引制度があります。

 

 

各保険会社によって、内容などは違うので、少しでも割引が適用されるかどうか、確認しましょう。

付帯サービスを確認する

水まわりや鍵のトラブルなどは、ほとんどの火災保険会社で対応していますが、

・医療

・介護

・事故防止

・法律や税務

などの相談サービスが、充実している保険も数多くあります。

 

 

ご家族の今後を踏まえた上で、

・今はいらなくても、いつか必要になるかもしれないもの

 

・あったらいいなと思うもの

が付帯サービスとしてあるかどうか、確認しましょう。

まとめ

タマホームが提携していることろで選ぶメリットもありますが、今は保険会社も多数あります。

 

 

見積もりや相談は無料なので、分からないことなどは、きちんと理解できるようにしましょう。

 

 

そして、地域やご家族にあった、無駄のない補償内容を選び、安心して生活できるようにしましょう。

 

 

注目のイチオシ記事

タマホームの資料請求はここ!間取り・見積書・土地提案をパッと依頼する神サービスはコレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です